埼玉で新築を建てる場合の費用相場

建坪やエリア、使用する建材によっても費用は大きく変わります。1坪当たり60万円程度を見積もると相場が出てくるのではないでしょうか。

新築を建てるときの注意点を経験者に聞いてみた

住宅ローンの資金計画などを万全に

希望通りに融資してくれるとは限らない。35年ローンの道のりのライフイベントや、返済可能額は必ず検討するように。

安価と健康は紙一重です!

安価な資材を使えば費用は安くなりますが、化学物質などが使われている可能性もあります。シックハウスの可能性も考えてね。

ハウスメーカーは最重要チェック項目

ハウスメーカーの口コミ評価は必ず重視してください、トラブルが少ない業者を選びましょう。

建築エリアにもこだわってください

埼玉で人気の小学校区や、私立中学校がある地域はチャンスがあれば買いの物件です。必ずチェックしてください。

新築の間取りは絶対条件

建売の新築物件は間取りの生活動線をチェックしてから検討してください。半年以上売れ残りの新築建売は何らかの問題があるとみていいですよ。

終の棲家はやはり戸建住宅

作業員と女性

人間が生きていく上では、住居はとても大切です。何よりも安心して安全に生涯住める住宅を購入することは、大事であると断言できます。特に新築の住宅であれば、長い期間使用することもできます。埼玉であれどこであれ、新築の住宅は中古に比べると値が張ります。それは注文住宅であれ、建売住宅であれ新築住宅は高嶺の花といえます。その為に現金で購入できる人は、よほどの金持ちでなくてはならないでしょう。そのため、多くの人が住宅ローンを利用して購入をします。30年や35年という長い期間、金融機関から借りた元金と利息を返済していくことになるために、総返済額がかなり大きくなることもあります。ですから借りる時はできるだけ工夫が必要になるのです。

返済方法を検討しよう

男性

埼玉で新築住宅を購入する場合、ローンを借りる可能性がありますが、ローンの返済方法には、二つあることをご存じでしょうか。一つは元金均等返済で、もう一つは元利均等返済です。元利均等は返済開始当初は返済金額が少なく楽ですが、元金が減りにくいというデメリットもあります。もう一方の元金均等返済は、返済当初は元利均等より返済額が大きいですが、その分元金も減りやすく、さらに総返済額が元金均等よりも少なくなる傾向があります。どちらを選ぶかによって、総返済額が変わるのです。

立地を考慮して選ぼう

セパレート

埼玉は比較的都心にも近く、通勤にも便利であるといわれます。そこで新築住宅を建てるのであれば、そこそこの立地の所であると考えられます。ですが、駅から遠かったり坂道があるなどの場合では、若いころであれば不便を感じないかもしれませんが、年を重ねて高齢になると、坂道などはかなり足腰に答える可能性があります。ですから、なるべく坂道が少ないような場所を選んで、土地を探したほうが将来のためになるのではないでしょうか。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中